キャッシュレス消費者還元事業

キャッシュレス消費者還元事業

【冷蔵庫掃除】冷蔵庫を綺麗に保つ3つのコツをご紹介!

Pocket

「そろそろ冷蔵庫を掃除しないと」と思いつつなかなかできていない方も多いのではないでしょうか?けれども、ポイントを抑えれば、冷蔵庫は簡単にお手入れすることができますよ。

匂いが気になる庫内やカビが生えやすい製氷機など、掃除箇所別にまとめたので、ぜひ参考にしてください。また、掃除頻度やキレイに保つコツも調査したので要チェックです。

冷蔵庫の掃除の仕方とは?

常に食材や飲料を入れている冷蔵庫は、食べ物のカスや匂いが蓄積されるため、意外と汚れやすいです。ここでは特に匂いや汚れが気になる「庫内」「製氷器」「冷蔵庫の下」の3箇所の掃除方法について紹介します。

庫内の掃除方法

<必要なもの>

  • クーラーボックス
  •  重曹水
  • タオル

冷蔵庫の中を掃除するときには、まず庫内の食品を全て取り出します。クーラーボックスなどを用意して食べ物が悪くならないようにしましょう。庫内の掃除には重曹水(水100mlに重曹小さじ1と溶かしたもの)を使用します。

タオルに重曹水を含ませしっかりと拭き上げることで、油汚れや匂いの元を落とすことができますよ。

製氷機の掃除方法

<必要なもの>

  • ゴム手袋
  • クエン酸水
  •  スポンジ

製氷機は細かいパーツがあるため、一見掃除は大変なように思われます。ですが、製氷器汚れの原因である水垢やカビに効果的な「酸」を利用することで、簡単に綺麗にすることができますよ。

製氷器を掃除するときには、一度冷蔵庫から取り外して給水タンクやフィルターなどパーツごとに分解します。そして、クエン酸水(水100mlにクエン酸小さじ半分)に2時間ほどつけておきます。最後にスポンジを使ってこすり洗いをすれば完了です。

「酸」は肌に刺激を与えるので、気になる人はゴム手袋を用意するといいですね。

冷蔵庫の下の掃除方法

<必要なもの>

  • 掃除機
  • 雑巾やクイックルワイパー

冷蔵庫の下を掃除するときには、一度冷蔵庫を引き出してしまうのが良いでしょう。冷蔵庫の下にはキャスターが付いており、緩めることで女性でも簡単に動かすことができます。冷蔵庫の下には、埃や食べかすなどが溜まっています。

まずは掃除機で目に見える汚れを吸い取りましょう。ある程度汚れが取れたら、雑巾やクイックルワイパーなどを使って拭き掃除をします。ここで食べかすが残っていると虫がでる原因にもなるので、念入りに行いましょう。

また、コンセントのあたりに埃があると発火して火事に繋がることもあります。床だけでなく、壁の埃も落としておくといいですね。

冷蔵庫の掃除の正しい頻度とは?

冷蔵庫は温度が低いので、あまり掃除しなくても大丈夫だと思われがちです。けれども、食べ物のカスが落ちていることや湿気がたまりやすいことから、カビや虫が発生しやすい箇所でもあります。そのため、最低でも一年に一回はピカピカな状態にしましょう。

特に冷蔵庫の中は、匂いや食材のカスが溜まりやすいです。三ヶ月に一回程度、簡単な拭き掃除をしてあげることで清潔な状態を保つことができます。

製氷機は、使用頻度が低くなる冬に掃除するのがおすすめです。タンクの中に水が放置された状態が続くと、カビが生える可能性が高くなります。製氷機に生えたカビは、なんと氷にも付着してしまうことも。久しぶりに氷を作ったらカビの匂いがした、なんてことのないよう忘れず掃除しましょう。

冷蔵庫の下で一番汚れやすいのは、ドアのある手前の部分です。ここに食べカスや汁物の汚れが付着してしまいます。ここだけは一年に一度と言わず、汚れが目立ってきたら掃除するようにしましょう。掃除機のヘッドを外せば、簡単に汚れを吸い取ることができますよ。

冷蔵庫をキレイに保つコツ3選

冷蔵庫の掃除は意外と難しくない!ということをご紹介しましたが、なるべくであれば掃除の回数を減らしたいですよね。そこで、冷蔵庫をキレイに保つ3つのコツをまとめました。どれも簡単にできることなので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

汚れたらすぐに拭く

当たり前のことですが、食べ物をこぼしてしまったり汁が漏れてしまったら、すぐに拭き取ることが大切です。放置した汚れは冷蔵庫冷たい温度で固まってしまい、どんどん落ちにくくなってしまいます。匂いの元にもなるので、気が付いたらすぐに拭くようにしましょう。

冷蔵庫にものを詰め込みすぎない

冷蔵庫がパンパンの状態だと、冷蔵機能が下がってしまい、食べ物が匂う原因になってしまいます。また、冷蔵庫の中に何が入っているか把握できず、賞味期限切れの食べ物が増えてしまい、冷蔵庫内で腐ってしまうということもあります。庫内には、8割程度を目安に食材を収納するようにしましょう。

食材や調味料を直置きしない

野菜室に野菜の皮や土が溜まってしまったり、調味料をおいていた場所がベトベトしていたりすることはありませんか?

食材や調味料を庫内に直接置くと、どうしても汚れが付いてしまいます。野菜室には紙袋や新聞紙を引いたり、ボトルを置く場所には牛乳パックを切り取った簡易ケースを置いたりして、庫内に汚れが付着することを防ぎましょう。

使い捨てのものを利用することで、汚れたらすぐに清潔なものに取り替えることができますね

食べ物を保管する冷蔵庫だから清潔さが大事!

掃除をする機会が少ない冷蔵庫ですが、汚れが溜まりやすい場所でもあります。また温度が低いからといって、不衛生になることが全くない訳ではありません。

家族の健康を支える「食べ物」を保管する冷蔵庫だからこそ、定期的に掃除を行ってキレイに保つことを意識しましょう。

新潟の給湯器関連サイト:
新潟の給湯器専門店ガスライフ新潟 給湯器交換・取付け工事が新潟県内どこでも即日対応。

給湯器交換修理販売なら
新潟給湯器センター

企業リンク
  • NORITZ
  • Rinnai
  • パーパス
給湯器取り替え(取り付け)施工エリア
施工エリア:新潟市・三条市・燕市・五泉市・加茂市・阿賀野市・新発田市・長岡市・柏崎市・上越市・見附市

新潟市・上越市・見附市・三条市・燕市・五泉市・加茂市・阿賀野市・新発田市・長岡市・柏崎市
その他に付きましては、1度ご相談ください。

給湯器記事キーワード
給湯器交換 給湯器交換、給湯器修理 給湯器修理

24時間受付年中無休

24時間受付年中無休