キャッシュレス消費者還元事業

キャッシュレス消費者還元事業

おいしくて栄養満点! 旬の冬野菜を食べて体を温めよう

おいしくて栄養満点!旬の冬野菜を食べて体を温めよう

Pocket

近年はハウス栽培が広まって季節を問わずさまざまな野菜を食べられますが、やはり旬の食材は味も栄養も格別です。

 

そこでこの記事では、冬野菜にフォーカスして栄養価や甘さの理由について解説します。冬を元気に過ごすためのおすすめメニューもご紹介するので、ぜひ参考にしてください。

 

冬野菜の栄養価の特徴

冬に旬を迎える野菜は、冷えをはじめとする寒い時期の悩みにアプローチできる栄養素をたっぷり含んでいます。ここでは、多くの冬野菜に共通する栄養価の特徴をチェックしましょう。

 

ビタミン類が豊富

冬野菜は、ビタミン類を豊富に含んでいます。ビタミンは体の中で作れないものが多いため、食べ物から積極的に摂る必要があります。

 

特に多くの冬野菜に豊富なのが、ビタミンC・βカロテン・ビタミンEの3つです。ビタミンCは、免疫力のアップや美容効果があることが分かっています。体内でビタミンAへと変換される、βカロテンも同様です。ビタミンCはかぶや大根、βカロテンはにんじんやほうれん草などに多く含まれます。

 

ビタミンEにも免疫力の強化をサポートする効能があるため、冬の風邪予防にぴったりです。また、血行を促して体を温める効果も期待できます。こちらは、ブロッコリーやほうれん草といった色の濃い冬野菜に豊富です。

 

食物繊維たっぷり

ごぼうや大根といった冬野菜には、食物繊維が豊富に含まれています。食物繊維は胃腸の働きを活性化するため、便秘の予防や改善に効果的です。

 

食物繊維にはお腹をすきにくくする水溶性と、腸を活性化させる不溶性の2種類があります。ごぼうにはどちらもバランスよく含まれていますが、そのほかの冬野菜には不溶性食物繊維が多いのが特徴です。

 

気温の低い冬場は体が冷えやすく、血行が悪くなることで内臓の動きも鈍ります。しかし、不溶性食物繊維の豊富な冬野菜を摂ることで、冬の間も腸の働きを正常に維持できます。野菜なのでカロリーも低く、胃腸の掃除もできるので一石二鳥です。

 

鉄分が摂れる

貧血に効果があることで知られる鉄分も、冬野菜には多く含まれています。鉄分は、血液の中のヘモグロビンを増やすのに必要な成分です。ヘモグロビンが増えることによって体中に血液と酸素が行きわたります。

 

気温が低い冬は血液の循環が悪くなりやすいため、鉄分を含む冬野菜を意識的に摂取するのがおすすめです。鉄分が豊富な冬野菜としてはほうれん草が有名ですが、大根や小松菜にもたっぷり含まれています。

 

冬野菜が甘い理由

夏野菜と比べると、冬野菜は甘みが強いという特徴があります。これは冬野菜が寒さから身を守り、凍らないようにしているためです。

 

糖分が多いほど、水の凍る温度は下がります。これを利用して、冬野菜は気温が低くなると体内のデンプンを糖へと変えます。寒さに備えて糖をたっぷり蓄えているため、冬野菜は夏野菜よりも甘みを感じやすいのです。

 

特に大根など根っこの部分を食べる冬野菜は、上の部分が甘い傾向にあります。理由は同じで、地表に近いほど温度が下がり、優先的に糖が作られるためです。

 

栄養満点で簡単な冬野菜メニュー

ここからは寒い時期に嬉しい栄養を無駄なく摂れる、冬野菜を使ったおすすめのメニューをご紹介します。野菜の甘みを楽しめるシンプルな料理で、作り方も簡単なのでぜひ試してみてください。

 

ミルフィーユ鍋

冬こそ食べたい鍋料理は、白菜と豚肉をミルフィーユのように重ねて作るミルフィーユ鍋がおすすめです。材料はシンプルですが、白菜の甘みと豚肉のうま味で箸が進みます。白菜は水分が多いため体を冷やすといわれていますが、温めて食べれば体もポカポカ。たんぱく質と一緒に摂ることで、白菜に含まれるビタミンCの吸収率もアップします。

 

具だくさんきんぴら

きんぴらといえばごぼうが一般的ですが、こちらはにんじんやれんこんなど冬野菜をたっぷり使います。作り方は普通のきんぴらごぼうと同じで、甘辛い味付けが白米のおかずにぴったりです。

 

ごぼうやれんこんには食物繊維がたっぷり含まれているため、胃腸の働きを整えられます。細く切ったこんにゃくも入れると、より多くの食物繊維が摂れます。根菜で体も温められるほか、噛み応えがあって満足感も得られるなどメリットが満載です。

 

冬野菜のソテー

甘みの強い冬野菜は、シンプルにソテーするだけでもおいしく食べられます。代表的な材料はほうれん草ですが、ブロッコリーやにんじんなど色の濃い冬野菜もおすすめです。緑黄色野菜に含まれるβカロテンは、油と一緒に摂ることで吸収率が上がります。油で炒めるのはもちろん、ベーコンやウインナーをプラスすると食べ応えも増します。

 

旬の野菜を食べて冬も元気に

冬野菜には、免疫力アップや冷えの改善など体に嬉しい栄養素がたっぷり含まれています。つまり旬の食材を食べることは、その季節を元気に過ごすための体作りにも繋がっているということです。調理の方法も工夫しながら、冬野菜を効果的に味わいましょう。

新潟の給湯器関連サイト:
新潟の給湯器専門店ガスライフ新潟 給湯器交換・取付け工事が新潟県内どこでも即日対応。

給湯器交換修理販売なら
新潟給湯器センター

企業リンク
  • NORITZ
  • Rinnai
  • パーパス
給湯器取り替え(取り付け)施工エリア
施工エリア:新潟市・三条市・燕市・五泉市・加茂市・阿賀野市・新発田市・長岡市・柏崎市・上越市・見附市

新潟市・上越市・見附市・三条市・燕市・五泉市・加茂市・阿賀野市・新発田市・長岡市・柏崎市
その他に付きましては、1度ご相談ください。

給湯器記事キーワード
給湯器交換 給湯器交換、給湯器修理 給湯器修理

24時間受付年中無休

24時間受付年中無休